交通事故治療 賠償
・・・皆さん、十分な治療と補償をお受けになられていますか?
●提携の行政書士をご紹介出来ます。
初回相談費用が無料です。 (電話アドバイス/面談相談) ※出張相談可能

●場合により、弁護士をご紹介出来ます。

■保険会社の担当営業者から、実際の状態をしっかり確認せずに、電話のみで、
"治療打ち切り" "健康保険へ切り替え" などを強制されてはいませんか?

■患者さまが安心して治療を続けられ、状態によっては補償などをしっかりお受け取り出来る事を望みますので、保険会社や加害者サイドが不誠実な態度・対応を取る場合などの対応・対抗方法・手段をバックアップ致しますので、何でもご相談下さい。

医療機関での医師による適切な検査と診断、そして治療を受診する事。
■当院の様な保険適用院での適切な検断と治療施術を受診する事。
医療機関・当院による保険会社への状態の報告・証明・保険請求手続き。
場合により、法律家(行政書士・司法書士・弁護士)による保険会社との交渉。
→被害者様(患者様)の状態・状況を見極め、それぞれの専門的見解を以って、対応が不誠実な場合の保険会社と交渉する事が、ただでさえ負傷し精神的ショック状態である中、また事故時の治療や煩雑な補償制度の知識の無い被害者(患者様)が、戸惑い不安になる事が解消される事と思います。
状態を証明する事により休業補償・医療機関への交通費・示談金/慰謝料・後遺症認定(判定を受け逸失利益額)による補償等をお受けになる事が出来ます。
これらに関して判らない場合には、状態・状況を判断しお伝え出来る範囲で御説明を致します。

●治療を継続的に受診される事を希望される場合、場合により補償等をお受けになられる場合
※治る見込みがある。治す意欲がある。事が前提となります。
※適切な検査と診断・治療と受診。これらと併行して交渉となります。
治療や交渉が必要の無い方への無理な引き伸ばし等は行いません
※必ず治療期間が延長になるとは限りません
違法な請求はお受け出来ません。

●これらの手順をしっかり踏まえた上で、最も重要な要素は、被害者=患者様ご自身の"意思"です
いくら、当方どもや医療機関が状態を証明してみても、保険会社が最も重要視するものは被害者=患者様の意思に他ならないからです。 患者様が保険会社の通告や要請を一旦、受託されてしまいますと、もし患者様が再考されても中々、翻す事は厳しくなります。
※治療継続と補償に関して、保険会社に直ぐには返答せずに、良く考慮され"意思"を明確にお伝え下さい。


>>交通事故のページに戻る

プライバシーポリシー | リンク