新・自由が丘整骨院 スポーツメディカル&リラクゼーションSTUDIO フェイシャル&ボディメイク

2021/05/25 ブログ
logo

3月末での閉院予定から4月間末に変更となり、実はかなり以前から移転希望がコロナ禍により確定、前提とした案件となって来ました。

●正直、これまでの場所ではやりつくした感が強いです。

当初の想定を超えた様々な“数字を”成果として出せて、休まずアイデアの実践をやり続けて大体の目的・目標を達成出来ました。 良い事悪い事有りましたが、良い事の方が大きい、多い様に思えるので今回の移転に際して、心残りや感慨は感じず・・移転先での新たな“成果”を出し、ご来院頂く方々の満足度の有る施術と環境を、如何に安定的にサービス出来るかをこれ迄の経験値から集大成化したい。 ただそれだけです。

●正直、移転すると同様に海外移住+移転も考えていました。

上記のやりつくした感から、自身の有る施術と共に海外へ移住しこれ迄の施術を仕事にして生きてみる。という選択肢も有りましたが、ちょうどコロナ禍が起こり先ずは自身とご来院されている方々が安息出来ている状況になる迄は、日本・自由が丘でコロナ禍に適した場所で続ける決心をしました。 いずれは・・何も判りませんが 笑。

●私は悪運・・勘が異様に働く事が有ります。

今、コロナ禍においては非常に生き辛い【喘息】を、2年半前から始めたクロスフィット・トレーニング+食事改善、ストレス減少により身体を造り変えて治しました。 現在、98%治っていると思います。

今般のコロナ禍で、咳込んでいたらと思うと・・今、喘息の方々には本当に同情しますし、試して欲しいとも思います。 また、脂肪を落とし筋肉量を増大させたので、体力・免疫力が上がり“若返った”つもりでいます 笑。 ストレス、疲れ感、思考が変化しました。

喘息の方は経験していると思いますが、咳の発作が起きるとどうにもなりません。 良く水を飲んだらとか・・それどころでは無いので、喉部分に水や空気でさえ刺激となるものは入れたくない。という感覚・・顔面蒼白、涙が出て呼吸困難で死が過る。 日本では年に1500人は喘息で死亡します。

正に今のコロナ禍で皆が知る由となった症状・状態が喘息には有りますから、それからの解放はコロナ禍前夜からの思い付きによる成果として捉えると、本当に悪運が強いと思います。 ただ、吐きそうになる迄(たまに吐きます 笑)トレーニングをしています。